花

納骨堂でも永代供養をお願いできる|今の時代に合わせた施設

永代に渡って管理と供養

お墓

あらかじめ調べておく

永代供養墓を利用する最大のメリットは、寺院墓地ならお寺が、それ以外の墓地なら自治体や会社等が永代に渡って管理・供養を行ってくれる点にあります。京都で継承者がいなくなった後に無縁仏になってしまう心配はありませんし、始めに料金を支払っておけば、その後の管理料やお布施はかからないのが一般的です。永代供養墓は、納骨堂などを利用し、お骨は1柱ずつ個別に納められ、33年など決められた期間を過ぎると他のお骨と一緒に埋葬されたり骨壺から出されて土に返されます。また、最初から他のお骨と一緒にお墓や納骨堂に納められる(合葬墓)といったタイプがあります。死後のお墓が気になる京都の人は永代供養についてあらかじめ調べておくことをおすすめします。

継承者がいない

これまでのお墓は先祖代々のお骨を納めて供養し続ける家墓が主流であり、永代使用のお墓が当たり前でした。しかし、高齢化、少子化が進み、生涯独身でいる人が増えた今の日本では、家墓を代々守り続けるのが困難なケースが増加しています。そこでお墓のあと継ぎのいない京都の人や、子供や未来の孫たちに負担をかけたくないと考える京都の人は、永代供養墓を選択しています。永代供養墓は、別の名を合葬式納骨堂・合祀墓・合同墓・合葬墓ともいいます。お墓の使用権を買って管理料を支払う永代使用とは異なり、始めに料金を支払えば宗旨、宗派を問わず、家族に代わってお寺や霊園等の墓地管理者に長い間責任をもって管理・供養をしてもらえるお墓です。